PROFILE

ことばをしゃべる爬虫類で語尾は「~バジ」。口癖は「プライバシー!」。お仕事は忍者(アルバイト)。
お調子者かつ恐妻家なので、嫁にまずいところが見つかるとスゥ…っと透明になって身を隠す。
趣味は酒、競馬、パチンコ、アイドルなどなど、おっさんぽいことは大体好き。
推し通貨はVergeで、いつも手裏剣にはめて手に持っている。
興奮するとついつい人にVerge(20XVG程度)を投げつける習性のあるありがたい爬虫類(忍者)。
Twitterでバージリスクくんに話しかけると、投げやりな返事や占いで返してくれる。

Verge(XVG)とは

ビットコインの発案者であるサトシ・ナカモト氏の思想を受け継ぎ、匿名性・透明性・オープンソースを重視した仮想通貨。
「レイス・プロトコル」と呼ばれる仮想通貨史上初の匿名化切り替え機能で利用者にプライバシーの選択肢を提供します。徹底的に実利用にフォーカスし、ネクストビットコインを目指しています。

Twitterでのコイン送信方法

STEP1
「@vergetips address」とツイート
STEP2
出てきたアドレスにbittrexなどの取引所から送金
STEP3
「@vergetips tip @vegeliscus 10」とツイート
これだけバジ。 3の@vergeliscusを別のツイ垢にするだけで、その人に送れるバジ。10の数字をもっと大きな数字にすると、いっぱい送れるバジ。 あと、人からもらったら「@vergetips balance」とつぶやくとウォレットの残り金額が分かるバジ。
ツイッターでXVG長者になって儲けた人が自分のウォレットに移したいときは 「withdraw」という魔法の言葉があるけど、それは自分で調べるバジ。

他の仮想通貨との違い

ビットコイン(BTC)と多くの仮想通貨の問題

1. プライバシー

ビットコインを初めとした多くの仮想通貨は、全ての決済情報をオープンなブロックチェーン上に記録・保持しており、誰もがその中身を確認することができます。全ての取引情報は開示され、事実上改ざんや隠ぺいが不可能なことが大きなメリットです。 しかし今後、こうした取引の透明性がデメリットとなるケースがあります。個人や企業が決済や送金に仮想通貨を利用する場合、決済の取引先、履歴、資産の残高を、悪意ある第三者や敵対企業から簡単に把握されてしまいます。個人間の送金でも、誰かに送金を行った場合、相手の送金先アドレスをブロックチェーン・エクスプローラで送金履歴を辿っていけば、資産の全容を把握することができてしまいます。

Vergeを始めとして「Zcash」「Dash」「Monero」などの匿名通貨は、それぞれ独自の技術を用いて、ユーザーのプライバシー保護に取り組んでいます。

その中でもVergeは、完全な送金履歴の秘匿、あるいはオープンな取引の両方をひとつのブロックチェーン上で切り替えができる唯一の通貨です。

2. 決済速度

ビットコインのブロックチェーンは、クレジットカードのように世界中のユーザーの決済を同時に大量に処理することに長けていません。 つまり、世界中でビットコイン決済のユーザーが増えれば増えるほど、ビットコインの決済スピードは著しく遅くなり、不便な通貨になっていきます。仮想通貨のメリットは「いつでも」「どこでも」「簡単に」使えること。 Verge開発コミュニティは、既にスケーリング問題への答えを持っており、今後のアップデートで処理能力の大幅改善を予定しています。

3. スケーリング

ビットコインのブロックチェーンは、クレジットカードのように世界中のユーザーの決済を同時に大量に処理することに長けていません。 つまり、世界中でビットコイン決済のユーザーが増えれば増えるほど、ビットコインの決済スピードは著しく遅くなり、不便な通貨になっていきます。仮想通貨のメリットは「いつでも」「どこでも」「簡単に」使えること。 Verge開発コミュニティは、既にスケーリング問題への答えを持っており、今後のアップデートで処理能力の大幅改善を予定しています。

4. 強力なオープンソースコミュニティ

Vergeの開発・運営・マーケティングに関わるコミュニティメンバーは、Vergeの思想に共感したボランティアで成り立っています。特定の営利団体や国家の政治的圧力に左右されない、国境なき自由な仮想通貨を目指し、世界中のボランティアコミュニティが協力しています。また、ネットワークや開発を支えるためにかかる費用は、Vergeファンによる募金で成り立っています。もちろん、次世代通貨への投資として。

公式サイト

日本公認Telegram

Twitter

Verge Japan公認ショップ

日本公式ブログ

wikipedia

Verge Japan公式Twitter

LINE(カミングスーン)

  • Verge Japanチーム専用の募金アドレスができました。キャンペーンやシステム維持へ使わせていただきます。
    (Japanマーケチームもシステム維持に若干金使ってるので)でも活動は無償でやるので、心優しい方はこちらへ。
  • XVG募金アドレス:DQgZ58ZDEnK5gy483cnFtEoMaPKYdVYdBw
  • BTC募金アドレス:1JyV2rAmPDdrvDY7H16QcEEK3jAAWhffgB
  • Twitter募金:@vergecurrencyJPへチップ
PageTop

Vergeliscus:ホームページ

過去数年間、インターネットは視聴者を魅了し続けるための新しい方法を考え続けています。ソーシャルメディアアプリであろうと興味深いオンライン記事であろうと、人々はより多くのコンテンツを求めて戻ってきます。これが、オンライン開発者とプロバイダーが状況を利用して、ユーザーが新しいコンテンツと機会を利用できるようにする理由です。 

人々がオンラインでやりたいと思う人気のあることの1つは、暗号通貨またはデジタルマネーに投資することです。このプロセスには、交換サイトでアカウントを開設し、を使用することが含まれます デジタルウォレット。ここから、法定紙幣をVerge、Bitcoin、Ethereumなどの暗号通貨と交換できます。ウォレットを設定した後、オンラインでさまざまなWebサイトと取引できるようになりました。 

Verge Currencyは、時間の経過とともに価値が高まり続けるこれらの暗号通貨の1つです。 2014年に別の名前で最初に導入されましたが、正式にVergeCurrencyとしてブランド名が変更されました。 

そこから、人々はMindGeekや他のエンターテインメントプラットフォームのようなウェブサイトでそれを試し始めました。特にデジタルウォレットにお金を預けたり引き出したりするときは、とても使いやすいです。オンラインでの取引についても同じことが言えます。 

Verge Currencyの優れている点は、ユーザーのつながりを通じて生き、呼吸していることです。 VergeliscusとVergeCurrencyはTwitterアカウントに接続されています。ここで取引を行うか、他のVergeユーザーと話して質問することができます。 VergeのパートナーWebサイトに投資して使用する機会もあります。 

Verge Currencyはまだ数年しか経っていませんが、ブランドは成長を続け、毎年より多くのユーザーを獲得しています。あなたがオンライン取引に不慣れであろうとベテランのトレーダーであろうと、あなたは何の問題もなくVergeCurrencyを使うことができます。 

暗号通貨に投資すべき理由

今日、呼ばれる ブーマーと世代 は通常、オンラインで製品やサービスを購入するという考えに眉をひそめています。世界中の何百万人もの人々がインターネットを使用していますが、インターネットのいくつかの側面は、日陰で非現実的であるという評判があります。ある意味で、デジタルの世界は危険な場合がありますが、それを回避する方法を知っている場合は危険ではありません。 

デジタル通貨の価値が上昇し続けていることを誰もが知っているわけではありません。現在のビットコインの変換は、1BTCあたり37,044.60米ドルです。ほとんどの人は、できるだけ早くデジタル通貨に投資して、デジタル通貨を集めことを選択 て待つします 増加する値。お金を暗号通貨に変換すると、今後数か月で価値が上がる可能性があります。 

オンラインで取引するのに便利で安全な方法であるため、人々は自分のお金を暗号通貨に変換することも好きです。 専門家はまた、主要な暗号通貨はブロックチェーン技術のために基本的にハッキングできないと言います。投資 今日、暗号通貨にしてください。