Verge公認キャラ「バージリスク」登場!!

PROFILE

ことばをしゃべる爬虫類で語尾は「~バジ」。口癖は「プライバシー!」。お仕事は忍者(アルバイト)。
お調子者かつ恐妻家なので、嫁にまずいところが見つかるとスゥ…っと透明になって身を隠す。
趣味は酒、競馬、パチンコ、アイドルなどなど、おっさんぽいことは大体好き。
推し通貨はVergeで、いつも手裏剣にはめて手に持っている。
興奮するとついつい人にVerge(20XVG程度)を投げつける習性のあるありがたい爬虫類(忍者)。
Twitterでバージリスクくんに話しかけると、投げやりな返事や占いで返してくれる。

Verge(XVG)とは

ビットコインの発案者であるサトシ・ナカモト氏の思想を受け継ぎ、匿名性・透明性・オープンソースを重視した仮想通貨。
「レイス・プロトコル」と呼ばれる仮想通貨史上初の匿名化切り替え機能で利用者にプライバシーの選択肢を提供します。徹底的に実利用にフォーカスし、ネクストビットコインを目指しています。

バージリスクのTwitterを見てみる

Twitterでのコイン送信方法

STEP1

「@vergetips address」とツイート

STEP2

出てきたアドレスにbittrexなどの取引所から送金

STEP3

「@vergetips tip @vegeliscus 10」とツイート

これだけバジ。 3の@vergeliscusを別のツイ垢にするだけで、その人に送れるバジ。10の数字をもっと大きな数字にすると、いっぱい送れるバジ。 あと、人からもらったら「@vergetips balance」とつぶやくとウォレットの残り金額が分かるバジ。

ツイッターでXVG長者になって儲けた人が自分のウォレットに移したいときは 「withdraw」という魔法の言葉があるけど、それは自分で調べるバジ。

他の仮想通貨との違い

ビットコイン(BTC)と多くの仮想通貨の問題

プライバシー

ビットコインを初めとした多くの仮想通貨は、全ての決済情報をオープンなブロックチェーン上に記録・保持しており、誰もがその中身を確認することができます。全ての取引情報は開示され、事実上改ざんや隠ぺいが不可能なことが大きなメリットです。 しかし今後、こうした取引の透明性がデメリットとなるケースがあります。個人や企業が決済や送金に仮想通貨を利用する場合、決済の取引先、履歴、資産の残高を、悪意ある第三者や敵対企業から簡単に把握されてしまいます。個人間の送金でも、誰かに送金を行った場合、相手の送金先アドレスをブロックチェーン・エクスプローラで送金履歴を辿っていけば、資産の全容を把握することができてしまいます。

Vergeを始めとして「Zcash」「Dash」「Monero」などの匿名通貨は、それぞれ独自の技術を用いて、ユーザーのプライバシー保護に取り組んでいます。

その中でもVergeは、完全な送金履歴の秘匿、あるいはオープンな取引の両方をひとつのブロックチェーン上で切り替えができる唯一の通貨です。

決済速度

実生活での決済利用において、ビットコインをはじめ多くの通貨が抱える問題が、この決済スピードです。ビットコインだと送金から着金まで、ネットワークの混雑状況によって十分〜数時間かかるのが実態です。例えば店頭でビットコイン決済を選んだ時に、レジで決済が終了するまで数時間かかったらどうでしょうか。ECサイトだと、送金待ちの間に在庫切れが発生することもあるかもしれません。 Vergeは決済速度は非常に速く、数秒〜数分で完了します。継続的にネットワークを改善し、これからも速度改善に努めます。

スケーリング

ビットコインのブロックチェーンは、クレジットカードのように世界中のユーザーの決済を同時に大量に処理することに長けていません。 つまり、世界中でビットコイン決済のユーザーが増えれば増えるほど、ビットコインの決済スピードは著しく遅くなり、不便な通貨になっていきます。仮想通貨のメリットは「いつでも」「どこでも」「簡単に」使えること。 Verge開発コミュニティは、既にスケーリング問題への答えを持っており、今後のアップデートで処理能力の大幅改善を予定しています。

強力なオープンソースコミュニティ

Vergeの開発・運営・マーケティングに関わるコミュニティメンバーは、Vergeの思想に共感したボランティアで成り立っています。特定の営利団体や国家の政治的圧力に左右されない、国境なき自由な仮想通貨を目指し、世界中のボランティアコミュニティが協力しています。また、ネットワークや開発を支えるためにかかる費用は、Vergeファンによる募金で成り立っています。もちろん、次世代通貨への投資として。

バージリスクのTwitterを見てみる

他の仮想通貨との違い

ビットコイン(BTC)と多くの仮想通貨の問題

プライバシー

ビットコインを初めとした多くの仮想通貨は、全ての決済情報をオープンなブロックチェーン上に記録・保持しており、誰もがその中身を確認することができます。全ての取引情報は開示され、事実上改ざんや隠ぺいが不可能なことが大きなメリットです。 しかし今後、こうした取引の透明性がデメリットとなるケースがあります。個人や企業が決済や送金に仮想通貨を利用する場合、決済の取引先、履歴、資産の残高を、悪意ある第三者や敵対企業から簡単に把握されてしまいます。個人間の送金でも、誰かに送金を行った場合、相手の送金先アドレスをブロックチェーン・エクスプローラで送金履歴を辿っていけば、資産の全容を把握することができてしまいます。

Vergeを始めとして「Zcash」「Dash」「Monero」などの匿名通貨は、それぞれ独自の技術を用いて、ユーザーのプライバシー保護に取り組んでいます。

その中でもVergeは、完全な送金履歴の秘匿、あるいはオープンな取引の両方をひとつのブロックチェーン上で切り替えができる唯一の通貨です。

決済速度

実生活での決済利用において、ビットコインをはじめ多くの通貨が抱える問題が、この決済スピードです。ビットコインだと送金から着金まで、ネットワークの混雑状況によって十分〜数時間かかるのが実態です。例えば店頭でビットコイン決済を選んだ時に、レジで決済が終了するまで数時間かかったらどうでしょうか。ECサイトだと、送金待ちの間に在庫切れが発生することもあるかもしれません。 Vergeは決済速度は非常に速く、数秒〜数分で完了します。継続的にネットワークを改善し、これからも速度改善に努めます。

スケーリング

ビットコインのブロックチェーンは、クレジットカードのように世界中のユーザーの決済を同時に大量に処理することに長けていません。 つまり、世界中でビットコイン決済のユーザーが増えれば増えるほど、ビットコインの決済スピードは著しく遅くなり、不便な通貨になっていきます。仮想通貨のメリットは「いつでも」「どこでも」「簡単に」使えること。 Verge開発コミュニティは、既にスケーリング問題への答えを持っており、今後のアップデートで処理能力の大幅改善を予定しています。

強力なオープンソース
コミュニティ

Vergeの開発・運営・マーケティングに関わるコミュニティメンバーは、Vergeの思想に共感したボランティアで成り立っています。特定の営利団体や国家の政治的圧力に左右されない、国境なき自由な仮想通貨を目指し、世界中のボランティアコミュニティが協力しています。また、ネットワークや開発を支えるためにかかる費用は、Vergeファンによる募金で成り立っています。もちろん、次世代通貨への投資として。

バージリスクのTwitterを見てみる
PageTop